About

Ecological Memes の視点

ヒトの生き方・暮らし方・群れ方が

様々な視点から問い直されている時代

領域横断の知見を掛け合わせながら、

生命的な感覚や東洋的な知性に根ざした

エコロジカルな思想・文化を

社会に実装していくということに向き合ってみたい。

惑星規模での​持続可能性の危機

生態学  複雑系科学  集団動態学 

飛躍するテクノロジーと人間存在
(AI/ロボティクス/バイオテクノロジー etc..)

東洋思想 全体性/因果と縁起

ネットワーク社会における予測不可能な変化

日本文化と身体知性  分散型テクノロジー

グローバル規模でのストレス・うつ社会

分散型テクノロジー  システムリーダーシップ

自然との共生や循環型の暮らし

(BIOPHILIC DESIGN/循環型経済)

遊ぶ  感じる  バイオミミクリー

自然の叡智から学ぶ(BIOMIMICRY)

システムリーダーシップ

自立分散や生命的な組織の模索

循環型の暮らし 都市デザイン

ウェルビーイングや内面的充足の重視

視点1

これまでの歴史・社会で支配的であった何かに対する違和感

•  自然を支配(搾取)する対象としてきた近代科学(人間ー自然の分断)

•  ヒトの機械化を促す工業社会

•  過度の効率性を重視する資本主義

•  経済成長・規模拡大を前提とした幸福観

•  還元主義的・言語的に世界を理解しようとする西洋”的”な哲学・論理(ロゴス)

視点2

個ー群れ・集団ー惑星の相互作用

ヒトの生き方、暮らし方、群れ方が様々な視点から問い直されている今の時代に、生命的な感覚 や 東洋的な知性 に根ざした思想・文化を

どのように 社会に実装 していけるだろうか?

意識が生命や無意識から切り離され、知性が感性から切り離され、

因果性が偶然性から切り離されて、人間が人間だけの世界に閉じこもって自足するようになる。そのことが人間の「精神のエコロジー」を破壊するのです。

これは根源的な人間のデラシネ化にほかなりません。

中沢新一「熊楠の星の時間」より

© 2019 Ecological Memes