[お知らせ]ポスト人間中心時代の暮らしや空間づくり、アーバンデザインに挑戦するための「GIVE SPACE 実践者コミュニティプログラム」がはじまります。

ポスト人間中心時代の暮らしや空間づくり、アーバンデザインに挑戦するための「GIVE SPACE 実践者コミュニティプログラム」がはじまります。


ベルリンを拠点に活躍するエコロジカル・アーティストの井口奈保さんが開発されている「GIVE SPACE」は、人が他の生物種にスペースを返し、共に生きていくための方法論。 3月23日からスタートする本プログラムでは、「リジェネラティブ思考」「バイオフィリックデザイン」「内なる静寂とのつながり(Lucidity Practice)」などGIVE SPACEの方法論やスキルセットを学び、プログラム後半ではそれぞれの住む土地・環境で、各自のアイデアを実際に挑戦し、現場でプロトタイプしていきます。


ご自宅の庭や畑、オフィス空間、プロジェクト予定地、店舗などの土地・場所で実践してみたい方はもちろん、ベランダなどちょっとしたスペースでも実践をはじめられます。


・リジェネラティブ思考やバイオフィリックデザインなどGIVE SPACEの方法論に興味がある…」

・畑や家庭菜園など農的な暮らしをはじめてみたい、他の生命との関わり方の視点から深めてみたい…」

・自宅や会社のスペースを活用して、ポスト人間中心社会のための具体的な実践・プロジェクトをはじめてみたい

・サステナビリティや循環経済、自然や他の生命との共生などを、理念として語るだけでなく、手触り感のある具体的な行動・暮らし・プロジェクトの実践として挑戦してみたい…


GIVE SPACEの世界観や考え方だけでなく、井口さんが長い歳月をかけて開発してきた具体的な方法論を学び、仲間と共に実践していくなかなかない機会ですので、ご関心のある方はぜひHPをご確認の上、お早めにお申込ください。個人・法人問わずどなたでもご参加頂けます。 詳細・申込はこちら↓ ↓ ↓ https://aida-lab.ecologicalmemes.me/givespace Web design: Yusuke Watanabe Concept design & Direction : Yasuhiro Kobayashi

<03.09追記> 井口奈保さんのインタビュー記事が公開されました。合わせてご覧ください。

・【前編】世界には、生命への「愛」が必要だ。人間と他の生き物が共存・共生していくための方法論「GIVE SPACE」 https://note.com/aida_labo/n/nab9631ea999e


・【後編】“芋虫”になりきれたら、自然と“蝶”になれる。「GIVE SPACE」の旅路から学ぶ、実践の知恵 https://note.com/aida_labo/n/n7cc397f0cd0b